トップページ ≫ 産業廃棄物の処理について ≫ 事業者による産業廃棄物保管基準

事業者による産業廃棄物保管基準

自己処理の場合であれ、委託処理の場合であれ、産業廃棄物が処理されるまでの間、事業者はそれを適正に保管しておかなければなりません。具体的には、次の基準を遵守することが求められます。

保管する場所の要件

① 周囲に囲いが設置されていること
② 所定の掲示板が設置されていること
  • 60㎝×60㎝以上であること
  • 次の事項を表示していること

    ・廃棄物の保管場所である旨
    ・保管する廃棄物の種類(石綿含有産業廃棄物が含まれる場合は、その旨)
    ・保管場所の管理者の氏名又は名称、連絡先(管理担当部署名、電話番号)
    ・最大積上げ高さ(屋外において容器を用いずに保管する場合)
    ・保管上限(産業廃棄物が発生した場所以外の場所で保管する場合)

生活環境保全上の措置

① 汚水が生ずるおそれがある場合は、汚水による公共の水域及び地下水の汚染を防止するために
  必要な排水溝その他の設備を設け、かつ底面を不浸透性の材料で覆うこと
② 屋外において容器を用いずに保管する場合は、最大積上げ高さを超えないこと


その他
① 保管場所に、ねずみが生息し、及び蚊、はえその他の害虫が発生しないようにしなければなり
  ません。
② 石綿含有産業廃棄物を保管する場合は、他の産業廃棄物と混合しないよう区分して行うとともに、
  覆い・こん包等、飛散防止のための措置を講じなければなりません。
③ 特別管理産業廃棄物の保管を行う場合は、以上に加え、他のものが混入するおそれがないように
  必要な措置や種類に応じた措置を講じなければなりません。