トップページ ≫ 適正処理推進研究会 ≫産廃塾

産廃塾

産業廃棄物の処理や管理に関する日常業務の中で、法令上の適否、又は実務上の可否について、営業担当者や法務担当者又はその管理者が判断に苦慮することは、よくあると思います。

例えば、次のような疑問を感じている方は多いのではないでしょうか(他にも色々あると思います)。


産廃塾は、そういった疑問を持っている、遵法や業務改善の意識が高い方どうしが集まり、ディベート形式で自由に意見を出し合い切磋琢磨していただくことを趣旨としています(法的な内容については、専門知識を有する職員からの助言もあり、誤った方向に議論が進むことはありません)。

従来の講習会のように、講師が一方的に話をするというものとは一線を画する研修です。
平成27年度においては、次のとおり開催する予定です。